おすすめ!コメディ映画 インターンシップ【感想】

映画
とみぃ
とみぃ

先日アマプラで観た映画がとても面白かったのでご紹介します♪

是非参考にしてみてくださいね~!

インターンシップ(2013年制作)


あらすじ

主人公は、時計販売会社に勤務するセールスマンの「ビリー」と「ニック」

2人は巧みなセールストークで多くの時計を販売してきた名コンビであったが…

スマホの普及により腕時計が昔のようには売れなくなってしまい、勤務先が倒産してしまう。

2人は突然、失業者となってしまった。

そんなある日、ビリーがニックへとんでもない話を持ち掛ける。

それは「一流企業Googleのインターンシップ募集に応募しよう!」というものだった!!

デジタル化の波に飲まれ失業者となった彼らが、超一流企業のGoogleへ!?

そんな誘いにニックは、何の知識もない自分たちが通用するわけがないと反対するが…

ビリーの熱い説得に押され、挑戦することを決意。

時計販売で培ったトーク力で何とかインターンシップ参加への切符をつかみ取った2人であったが、

他の参加者は超エリートな若者ばかりで、とても太刀打ちできるような相手ではなかった…。

しかし、彼らは諦めず、インターンシップで結果を残し、Google社員への道をつかみ取るべく奮闘する!!

キャスト

〇ビリー・マクマホン役 ヴィンス・ヴォーン

〇ニック・キャンベル役 オーウェン・ウィルソン

とみぃ
とみぃ

監督は「ナイトミュージアム」のショーン・レヴィ監督!

ちなみにニック役のオーウェン・ウィルソンはナイトミュージアムのミニチュアの中のカウボーイ役でも出演していましたね!

みどころ・おすすめポイント

周りにどんなに馬鹿にされ、無理だと言われても、

決して諦めず前向きに頑張ろうとする2人を観ているとなんだか自分も前向きになれました

そしてそんな諦めない気持ちがあれば、大きなことへ挑戦することに

「年齢」も「経歴」もそこまで重要ではないんだという思いにさせてくれる映画です。

コメディ要素も多いため、笑える場面も多々あります!

そして、Google全面協力のもと、実際のGoogle本社を使用して撮影されているこの作品。

世界屈指の超一流企業の独創性豊かな職場環境には衝撃を受けました!

フィクション映画ではありますが、実際の本社が撮影に使われていることで、リアリティが感じられます。

とみぃ
とみぃ

無料で利用できるカフェスペースや仮眠スペース…解放感溢れる仕事スペース等、私が働く職場環境とは天と地の差(笑)あ~、こんな素敵な職場で働いてみたい!!(笑)

コメント

タイトルとURLをコピーしました